映画「BLUE/ブルー」公式サイト » NEWS

Filmarks 「初日満足度ランキング」 第2位にランクイン!

2021/04/12 13:00 up!
『BLUE/ブルー』が映画サイトFilmarks の「初日満足度ランキング」にて、
Filmarksユーザーから高い評価を集め第2位にランクインいたしました!
このランキングは、ユーザーから寄せられた評価をもとに算出したFilmarksオリジナルの映画満足度ランキングです。
是非映画をご覧いただき、アツい感想をチェックして見てください!
▼作品ページはこちら
https://filmarks.com/movies/94418

<1ヶ月限定公開中>『BLUE/ブルー』公開記念!キャスト&監督登壇オンラインQ&Aイベント〈ネタバレあり〉

2021/04/11 15:00 up!

『BLUE/ブルー』公開翌日となる4月10日(土)夜に開催しました、キャストの松山ケンイチと東出昌大、さらに吉田恵輔監督を迎えたオンライン〈ネタバレあり〉Q&Aイベントの模様が公開中!

【Fan’s Voice Live】
『BLUE/ブルー』公開記念!キャスト&監督登壇オンラインQ&Aイベント〈ネタバレあり〉

公開日時:2021年5月10日(土)23時59分まで
ゲスト:松山ケンイチ(主演・瓜田役)、東出昌大(小川役)、吉田恵輔(監督)
進行:立田敦子(映画ジャーナリスト)

1時間超えの濃い内容になっています。
ぜひ『BLUE/ブルー』をご鑑賞のうえご覧ください。

『BLUE/ブルー』公開記念舞台挨拶 イベントレポート

2021/04/11 09:30 up!

松山ケンイチ、木村文乃、東出昌大、柄本時生 登壇
映画の力を信じて!
松ケンがコロナ禍で送る力強いメッセージ

𠮷田恵輔監督が監督・脚本を務める挑戦者たちの熱い生き様を描いた映画『BLUE/ブルー』が全国公開中。その舞台挨拶が4月10日(土)に新宿バルト9で行われ、主演の松山ケンイチ、共演の木村文乃、東出昌大、柄本時生、そして𠮷田恵輔監督が出席した。

上映後の登壇となり、松山は「無事この日を迎えられてホッとしています。実際にご覧頂いた皆さんの反応を見られて幸せです」と挨拶。東出は映画デビューした『桐島、部活やめるってよ』で舞台挨拶を行ったのも同じ新宿バルト9だったことから、「約10年ぶりにまた同じ会場に立て、大きなスクリーンで上映できて感慨深くもあり、ありがたくもあり、やっとお届けできたという安心もあります」と感無量。

それぞれ三者三様のボクサーを演じた松山、東出、柄本だが、役作りやボクシングシーンについて問われると松山は「東出くんも時生くんも結構やっちゃう人だから、足を引っ張らないように頑張りました。試合のシーンも大変な撮影だったけど、みんな気合いが入っていました」と振り返る。東出は「ジムに行った時に隅の方でシャドーをしている人がいて、プロの方が練習に来てるんだなと思っていたら松山さんでした。もう完全にジムの住人になっていましたね」と役作りに励む松山の姿に驚いていた。そんな彼らを見ていた木村は「3人がやけに楽しそうに話しているなぁと耳を傾けてみると、“あいつのあのステップいいよね~”“どうやって減量してる?”“バンテージってどの種類がいい?”といった話をしていて、この人たちは役者じゃなくてボクサーなのかもしれないなって思っていました(笑)」と明かした。

特に印象に残っているシーンやお気に入りのシーンを聞かれると、松山は「クランクイン日に撮影した、瓜田が試合に負けた後のシーンです。もともとセリフはなく、部屋で一人うなだれるだけのシーンだったんですけど、僕が一人でいる時に色々思い出すと勝手に“バカヤロー”とか言ってたりするんですよ。それで、監督に一人の時に何か言ったりしますかと聞くと監督はよく“違う、違う…”って言ってると。それがすごくいいなと思い取り入れてみました」と監督との会話の中から出来上がったワンシーンを挙げ、撮影時の裏話を披露した。木村はパンチドランカーの症状がどんどんひどくなっていく小川とのあるシーンを挙げ、「婚約者として散々ボクシングをやめてほしいって伝えた後で、ふと小川が隠れて暗闇でシャドーをしているのを目にするシーンがあるんです。頭では止めなきゃいけないって分かってるんですが、そういう瞬間を見ると“だから、私が支えなきゃいけないのか”と思わされる。千佳を演じた私自身も、止めるのがいいのか、支えていくのがいいのか、未だに答えが出ていません」と自身も考えさられた印象深いシーンを振り返った。

最後の挨拶の前に東出が一つ言いたいことがあると、「実は今日、会場に洞口役を演じた守屋周徒くんが来てくれています!」と紹介。観客席から守屋が立ち上がり、3人と同じジムメイトである4人目のボクサー洞口の思わぬ登場に会場が盛り上がった。そして、松山は最後に「映画って背中を押してくれたり、何かを教えてくれたり、勇気を与えてくれるものだと思います。僕自身もそうですが、映画を観て救われることもあると思います。今はなかなか自由に生活できない状況が続いているけれども、そんな中でも映画の力っていうのは何も変わっていません。これからも、こうして映画の力をみなさんと共有していけたらと思っています」とコロナ禍における熱い想いと力強いメッセージを送った。

『BLUE/ブルー』 公開直前スペシャル鼎談公開!

2021/04/07 18:00 up!

映画『BLUE/ブルー』のキャストと監督のトークが収録された特番「公開直前スペシャル鼎談」が公式YouTubeにて公開されました。

特番は前編・後編の2本で、前編では松山ケンイチ、木村文乃、𠮷田恵輔監督の3人が鼎談!
初めて脚本を読んだ時の印象や、作中で描かれる瓜田(松山)と千佳(木村)の関係性について語っています。
後編は松山、東出昌大、柄本時生のボクサー役3人による鼎談。『聖の青春』以来5年ぶりとなる共演について、
それぞれが演じたキャラクターやお気に入りのシーンなど和気あいあいと語り合い、特別な絆で結ばれた3人の関係性を明かしています。
是非ご覧ください!

あだち充的!?三角関係|松山ケンイチ、木村文乃、𠮷田恵輔監督が語り尽くす!
公開直前スペシャル鼎談(前編)

特別な3人の絆とは!?|松山ケンイチ、東出昌大、柄本時生が語り尽くす!
公開直前スペシャル鼎談(後編)

『BLUE/ブルー』公開記念!キャスト&監督登壇オンラインQ&Aイベント緊急開催〈ネタバレあり〉

2021/04/06 21:00 up!

『BLUE/ブルー』公開翌日となる4月10日(土)夜に、キャストの松山ケンイチと東出昌大、さらに吉田恵輔監督を迎えたオンライン〈ネタバレあり〉Q&Aイベントの実施が決定しました。【Fan’s Voice Live】でのYOUTUBE配信の他、『BLUE/ブルー』公式twitterでも配信いたします。

 

【Fan’s Voice Live】
『BLUE/ブルー』公開記念!キャスト&監督登壇オンラインQ&Aイベント〈ネタバレあり〉

配信日時:2021年4月10日(土)18時00分~19時00分
ゲスト(予定):松山ケンイチ(主演・瓜田役)、東出昌大(小川役)、吉田恵輔(監督)
進行:立田敦子(映画ジャーナリスト)

配信先:https://youtu.be/EG9bYB5i53U
※『BLUE/ブルー』公式Twitterでも同時配信予定
※事前登録不要/視聴無料
※時間の都合上、すべての質問に回答できない場合があります。予めご了承ください。

 

配信中は、ファンから寄せられた質問に登壇ゲストが直接回答するQ&Aを〈ネタバレあり〉で行います。質問は、事前に【Fan’s Voice Live】の質問フォームで募集するほか(4月10日17時締切)、配信中にYouTube上のチャット機能でもお受けします。

 

▼詳細は下記よりご覧ください。

『BLUE/ブルー』公開記念!キャスト&監督登壇オンラインQ&Aイベント緊急開催〈ネタバレあり〉|Fan’s Voice Live

『BLUE/ブルー』 公開記念舞台挨拶開催決定のお知らせ

2021/03/25 18:00 up!

4/9(金)「BLUE/ブルー」公開を記念して
舞台挨拶を実施することが決定いたしました。

■日時:4/10(土)

12:50の回(本編上映後に舞台挨拶がございます)
15:50の回(本編上映前に舞台挨拶がございます)

登壇者:松山ケンイチ、木村文乃、東出昌大、柄本時生、𠮷田恵輔(監督)
※敬称略 登壇者は予告なく変更する場合がございますこと、予めご了承ください。

■実施劇場:新宿バルト9

■チケット料金:2,100円(税込)

■チケット販売
・先行プレリザーブ(先行抽選販売受付):
3/27(土)AM11:00~4/1(木)AM11:00まで
インターネット購入:https://w.pia.jp/t/movie-blue/
※PC・モバイル共通
※抽選結果の発表は、4/2(金)18:00となります。
※インターネットのみでの受付となり、受付の際、ぴあへの会員登録が必要になります。

・一般販売:
4/3(土)AM10:00~

■一般販売に関する注意事項
※インターネットでのみ販売いたします。
※決済方法はクレジットカード、ちょコムのみとなります。
※お席はお選び頂けません。

□インターネット購入
チケットぴあ https://w.pia.jp/t/movie-blue/  ※PC・モバイル共通

《チケット購入に関するお問い合わせ》
「チケットぴあ」インフォメーション 0570-02-9111(10:00~18:00)
または「チケットぴあ」HP(http://t.pia.jp/help/index.html

【注意事項】
※内容はすべて予定です。登壇者及び内容は、予告なしに変更になる場合がございます。
※悪天候及び公共交通機関の運行状況により、やむを得ず本イベントを中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ムビチケは、ご使用頂けません。
※特別興行の為、各種割引・各種招待券は、ご使用いただけません。
※上記料金はすべて税込金額です。
※全席指定・定員入替制での上映となり、専用のチケットをお持ちでない方はご覧になれません。
※転売・転用を目的としたご購入は、固くお断り致します。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しは出来ません。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断り致します。保安上、入場時に手荷物検査を行う場合がございますこと、予めご了承ください。
※車いすをご利用のお客様は車いすスペースでのご鑑賞となります。車いすスペースには限りがありますので、ご利用人数によっては所定のスペース以外でご鑑賞いただく場合がございます。また、イベントの内容やマスコミ取材により、所定のスペースからご移動いただく場合がございます。予めご了承ください。
※当日、マスコミ・メディアの撮影が入る場合がございます。その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと、予めご了承ください。

【感染症対策における注意事項】
●座席は、最前列等を除き、全席販売となります。
●館内では、上映中の飲食時を除き、マスクの着用をお願いいたします。
●マスクを外した状態での会話を防ぐため、上映前・イベント中の飲食はご遠慮ください。
●観覧の際の発声および歓声、立ち上がってのご鑑賞などはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
●ご来場の際は、マスクの着用や検温をはじめとする映画館の新型コロナウイルス感染症予防ガイドラインへのご協力をお願い致します。 詳細はこちらをご確認ください。
https://tjoy.jp/shinjuku_wald9/theater_news/detail/5617

●新型コロナウイルスの感染拡大状況やその他主催者の判断により、舞台挨拶の開催中止や、登壇者などの内容が予告なく変更になる場合がございます。その場合も、交通費や宿泊費などの補償はいたしません。また、映画上映が行われる場合はチケットの変更や払い戻しもできませんので、予めご了承ください。
●新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、登壇ゲスト等へのプレゼントやお手紙は一切受け取れません。予めご了承ください。
●感染症対策の観点から、登壇者が出入りする際の待機、いわゆる出待ち行為は禁止させていただきます。
●当日までの情勢により、上記対応が変更になる可能性もございます。
●状況により、止む無くイベントを中止させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。

『BLUE/ブルー』劇場鑑賞マナー映像 上映中!

2021/03/19 18:00 up!

この度、劇場にて映画鑑賞マナー映像が上映中!映画のテーマになっているボクシングにまつわるシーンをユニークに繋ぎ合わせたもので、登場するのは瓜田、小川、楢崎の同じジムに通う3人組。対戦相手の過去映像を覗き込む瓜田と小川の姿に「携帯の電源はOFF!」、パンチングボールをひたむきに打ち続ける瓜田に「前の席を殴らないで!」といった基本的なものから、生まれて初めてのマウスピースをはめる楢崎に「マウスピースではなくマスク!」、小川の試合に相手と「距離取れよ!」と声を上げる瓜田の姿に「劇場からでる時はソーシャルディスタンス!」など、この時期特有のマナー喚起も展開されていく。竹原ピストルの主題歌「き―ぷ、うぉーきんぐ‼」も爽やかに響く本映像は、『BLUE /ブルー』公開予定のT・ジョイ系列の映画館にて上映中です!

<マナー映像>

 

詳細は下記の劇場ページをご覧ください。

https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=bluemovie

『BLUE/ブルー』完成報告会 イベントレポート

2021/03/17 22:00 up!

松山ケンイチ、木村文乃、東出昌大、柄本時生登壇

「試合には勝てないのに人として“強い”!」

松ケンが2年の役作りを経て初めて演じた2勝13敗のボクサー役について熱く語る!!

 

 

𠮷田恵輔監督が監督・脚本を務める挑戦者たちの熱い生き様を描いた映画『BLUE/ブルー』が4月9日より公開。
その完成報告会が3月17日に神楽座で行われ、主演の松山ケンイチ、共演の木村文乃、東出昌大、柄本時生、そして𠮷田恵輔監督が出席した。

ボクシングを愛するも連敗続きのボクサー・瓜田役の松山は「ボクシング映画というと再起している様が感動的に描かれる作品が多いけれど、今回は…再起しません!」と異色ぶりを宣言しつつ「でも負け続けたからこそ得られるものもある。瓜田は人に優しく、包容力がある。そんなキャラクター」と紹介。瓜田の幼馴染であり、後輩・小川の恋人・千佳役の木村は「皆さんストイック中のストイック。それぞれ撮影前からジムに通われていたので、カメラが回っていない場所でも3人でボクシングについてアドバイスし合ったりなど、本当に劇中のような会話をされていたんです。そんな皆さんを眺めるような感じで、もどかしくもあり、少し寂しい気持ちもありましたね」と男たちを見守るヒロイン役を回想した。

抜群の才能とセンスでチャンピオン目前のボクサー・小川役の東出は「撮影中は実際にボクサーのような生活をしていたし、後楽園での撮影の日はタイトルマッチの日だとも思っていました。𠮷田監督がボクシングにリスペクトを持っているので、キャスティングも本格的で、前日本チャンピオンが対戦相手として登場したりしたんです。それに見劣りしないよう意識しました」とボクサーへのなりきりぶりを明かした。ボクシングの魅力にのめり込む新人ボクサー・楢崎役の柄本は「痛いのは嫌です。でも格闘技には興味があったし、ボクシングもかじったことはあったので、楽しめそうだと思いました。実際に撮影も楽しかったです」と充実した表情を浮かべた。

30年以上続けてきたボクシングを題材に、自ら脚本も書き上げた𠮷田監督は「ジムを渡り歩いてきた中で、色々な人たちとの出会いや別れがありました。すべてのキャラクターにはモデルになった人が複数いるので、僕がボクシングを通して出会った人たちへのラブレターのような気持ちで作りました」と積年の想いが詰まった入魂作であると語った。

約2年のトレーニングを経て撮影に入ったという松山は「観客に嘘がバレるのが一番ダメな事。監督の演出に耐えられるような準備はしました。スケジュールの兼ね合いで2年もトレーニングをしたけれど、瓜田はボクサーでありトレーナーでもあるので、“ジムの主(ぬし)”感と言いますか、ジムにずっといる重鎮のような空気感を習得するには必要な時間でした」と手応えを得ていた。また、弱い瓜田が劇中でチャンピオン目前の小川に「瓜田は強い」と言われていることについて、その“強さ”とは何か問われた松山は「瓜田は小川や他のボクサーに対して嫉妬や妬みといった気持ちがないわけではない。それでも、周りの人たちに自分が培ってきたものを全て渡すことができるんですよね。そこに人としての強さ、人間の大きさを感じました」と語った。また、見どころの一つである切ない人間模様や瓜田・小川・千佳の三角関係について、松山は「千佳と瓜田のシーンを通して、強さと弱さってごちゃまぜにあるものなんだなと感じました。強くも弱くも見えるという場面がこの作品にはたくさんあって、僕が好きなところです。観る人によっても感じ方が違ってくると思います」と本作の魅力を伝えた。

そして、映画の内容にちなんでそれぞれ「挑戦していること」について聞かれた4人。柄本は「一人カラオケができるようになった!」と笑わせ、木村は「丁寧に生活すること。これまで仕事が忙しすぎて見て見ぬふりをしていたことが沢山あったので、そこにあえて目を向けて手をかけて生活してみようと挑戦中です」とプライベートの充実を口にしてた。東出は「独特なんですけど…ザワークラウトです。キャベツの酢漬けのようなもので、キャベツを千切りにして瓶に入れると1週間くらいで発酵して酸っぱくなってビタミンが豊富になる。ビタミンを沢山とりたい。まぁ、挑戦と言えるのかわからないですけど」と照れ。すかさず吉田監督から「モデルの女の子みたい!」とツッコまれていた。一方、最後まで悩んでいた松山はスマホのアプリで大喜利に挑戦していることを告白。「面白い男になりたいなと思って。“写真で一言”のようなお題でボケまくっています」と意外な趣味を語った。

最後に主演の松山は「ボクサー3人が主人公のようなキャラクターで、それぞれの熱さも違う。関係性も凄く新鮮。女性にも共感してもらえるボクシング映画です」とアピール。吉田監督も「こんなに嘘をついていないボクシング映画はありません。ボクサーが見たら沢山のあるあるが詰まってる。人生で負けることはみっともないことではなく、美しいかもしれないと感じられるラブレターのような作品になっています」と思いを込めて語った。

『BLUE/ブルー』完成報告イベント Youtube生配信決定!

2021/03/16 13:00 up!

平凡と非凡、憧れと嫉妬、友情と恋。
もがき続ける挑戦者たちの熱い物語――

映画『BLUE/ブルー』舞台挨拶を開催します。

イベント模様はYoutubeでの生配信も決定!

◆日時
3月17日(水)17:30~
◆登壇者(予定)
#松山ケンイチ、#木村文乃、#柄本時生、#東出昌大
吉田恵輔監督
#BLUEブルー

▼視聴URLはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=0OqR313A7b0